不動産売却に関する相続や税金などの相談窓口はどこ?費用についても解説!

2022-05-24

不動産売却に関する相続や税金などの相談窓口はどこ?費用についても解説!

この記事のハイライト
●不動産売却前の相続に関する相談は、トラブルがあれば弁護士、なければ司法書士に依頼する
●不動産売却に関する相談窓口は、問題の内容によって異なる
●不動産会社であれば不動産売却に関する相談の全般を無料でおこなえる

「相続した不動産をどうすれば良いかわからない」や「不動産売却の税金について知りたい」など、不動産売却に関するお悩みをどこに相談すれば良いのかわからずお困りではないでしょうか。
不動産売却に関する問題は多岐に渡るため、問題の内容に応じて適切な相談窓口を選択することが大切です。
この記事では、不動産売却前の相続に関する問題の相談先や、不動産売却に関する問題別の相談窓口、また、それぞれの相談によってかかる費用についてご説明いたします。
千葉県松戸市の不動産売却に関してお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前の相続に関する相談先

不動産売却前の相続に関する相談先

相続に関しては法律などの複雑なことが多く関わるため、専門家に相談したいと感じることもあるでしょう。
ここでは、相続に関して、不動産売却前の相談先をご紹介いたします。

相続人の間でトラブルがある場合は「弁護士」に相談

相続財産に不動産が含まれていた場合、売却するのかどうか、どのようにして分割するかなど、さまざまなことを相続人同士で話し合う必要があります。
しかし不動産売却では大きなお金が動くため、それぞれの事情から全員が合意するには難しいケースも多く、トラブルが起きることも珍しくありません。
自分たちだけでは解決できない場合は、法的根拠に基づいた解決策を提案してくれる弁護士に相談すると良いでしょう。
トラブルが本格化する前に相談すれば、問題を未然に防ぐことも期待できます。

相続人の間でトラブルがない場合は「司法書士」に相談

相続人全員が売却に合意しており、大きなトラブルがないのであれば、司法書士に相談すると良いでしょう。
司法書士は不動産売却に欠かせない登記の専門家です。
相続した不動産を売却するためには、亡くなった被相続人から相続人に不動産の名義を変更する「相続登記」をする必要があります。
司法書士は相続登記や、それに関連する相談も受け付けているでしょう。

相続する不動産の価値を知るには「不動産会社」に相談

相続する、または相続した不動産の価値を知りたいのであれば、まず不動産会社に相談をして、査定を依頼すると良いでしょう。
遺産分割について相続人同士で話し合うためにも、まずはその不動産の価値を把握しておくことが大切です。
相続ではプラスの遺産だけでなく、マイナスの遺産も含めて受け取るか放棄するかを決める必要があります。
相続する不動産の価値を前もって調べておけば、その他の遺産と差し引きしたうえで、相続放棄するか否かを決断できます。
相続放棄するためには、相続が発生してから3か月以内と期限が定められているため、早めに査定を済ませておくことをおすすめします。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れと注意点とは?遺産分割協議についても解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に関するさまざまな問題の相談窓口

不動産売却に関するさまざまな問題の相談窓口

直接相続には関係のないことでも、不動産売却に際してはさまざまな問題や悩みが出てくることでしょう。
ここでは、不動産売却に関わる多様な問題についての相談窓口をご紹介いたします。

不動産売却後の税金の相談窓口は「税理士」

不動産売却によって利益(譲渡所得)が得られた場合、その利益に応じて「譲渡所得税」が課せられます。
売却金額そのものに対して税金がかかるのではなく、取得時にかかった金額や減価償却費、売却にかかった費用などを差し引いて計算される譲渡所得に対して税金がかかる仕組みです。
税金については、さらに受けられる控除も考慮する必要があるため、計算は複雑です。
このような税金に関する問題については、税理士が相談窓口となります。
税金の専門家である税理士には、不動産売却によって得た利益や損失に対し、どのように節税できるかまで相談できるでしょう。

境界確定や測量の相談窓口は「土地家屋調査士」

不動産売却の前には、土地の境界をはっきりさせておく必要があります。
境界があいまいな土地は売却しにくく、もし売却できたとしても後からトラブルになる危険性が高いです。
そのため、土地家屋調査士に相談して測量を依頼し、境界確定をしておくことが大切です。

不動産の登記変更や権利関係の相談窓口は「司法書士」

不動産売却に必要な登記は、前述した相続登記だけではありません。
不動産の引き渡し前には、住宅ローンを契約した際に設定される抵当権を抹消するためにおこなう「抵当権抹消登記」が必要です。
また、一般的には買主がおこなう不動産の名義変更についても知っておいたほうが安心でしょう。
このような登記や権利関係については、司法書士が相談窓口となります。

不動産売却に関する総合的な相談窓口は「不動産会社」

不動産売却に関するあらゆる問題や疑問は、まずは不動産会社に相談すると良いでしょう。
不動産会社は不動産の査定をするだけでなく、不動産売却に関連するさまざまな問題について相談を受け付けています。
より専門的な回答や助けが必要であると判断した場合は、弁護士や司法書士、土地家屋調査士などの専門家を不動産会社からご紹介することも可能な場合があります。
問題が明確にわかっているときには直接その専門家に相談するのも良いですが、複数の問題がある場合やなにが問題かはっきりしないケースも多いでしょう。
そのような場合は、不動産会社が総合的な相談窓口となります。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れと注意点とは?遺産分割協議についても解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に関連した相談にかかる費用の目安

不動産売却に関連した相談にかかる費用の目安

不動産売却についての疑問や悩みは、専門家に相談することで解決することが期待できます。
しかし相談先によっては、短時間の相談でも費用が発生することもあるため注意が必要です。
ここでは、相談にかかる費用の目安をご紹介いたします。

相談にかかる費用1:弁護士

弁護士への相談費用は他の専門家と比較しても高額で、1時間1万円ほどの相談料が相場です。
自治体などで弁護士への無料相談会が開催されていることもあるため、機会があれば利用してみると良いでしょう。
ただし、無料相談会では時間も限られているため、あまり込み入った話はできず、同じ相談を何度も継続しておこなうことは許可されていないケースが多いです。

相談にかかる費用2:司法書士

司法書士への相談費用は、1時間5,000円ほどが相場です。
実際に必要な書類作成や登記の手続きなどを依頼する場合は、相談料とは別に報酬を支払う必要があります。
あらかじめ依頼する内容を決めてから相談すると良いでしょう。

相談にかかる費用3:税理士

税理士への相談費用も、1時間5,000円ほどが目安となります。
司法書士と同様に、なにか手続きを依頼する際は別途費用が発生します。

相談にかかる費用4:土地家屋調査士

土地家屋調査士への相談費用は無料の場合と、1時間3,000円から4,000円ほどの相談料を請求している場合があります。
費用はかかるのかを確認してから相談に行くようにすれば安心です。

相談にかかる費用5:不動産会社

不動産会社への相談は無料です。
また、不動産の価値を知るための査定もおこなえるため、まずは不動産売却に関わる不安や疑問を気軽に相談ください。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れと注意点とは?遺産分割協議についても解説

まとめ

不動産売却に関する相談窓口についてご説明いたしました。
相続に関するトラブルがあるなら弁護士に、ないなら司法書士に相談するなど、直接専門家に相談する場合は、かかる費用を事前に把握しておきましょう。
わたくしども「有限会社さくら不動産」では、千葉県松戸市全域の不動産に関わるさまざまな事業を取り扱っております。
松戸市で不動産売却に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽に弊社までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-349-7310

営業時間
09:00 ~ 19:00
定休日
第2・第3火曜日と毎週水曜日

売却査定

お問い合わせ