終活で空き家の不動産を相続!管理や放置するデメリット・対策についても解説!

2022-05-24

終活で空き家の不動産を相続!管理や放置するデメリット・対策についても解説!

この記事のハイライト
●終活において良い状態で相続するためには、「換気」「通水」「雨漏り」を意識した管理が大切
●空き家の放置することでさまざまなリスクを伴うというデメリットがある
●不動産を空き家状態で放置しないための対策として買取が有効である

終活で不動産を相続する場合、どうしたらいいのかと考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
空き家の場合は、相続させる方も相続する方も管理が大切になります。
空き家の状態でも不動産は資産ですが、維持するのにあらゆるコストや手間もかかります。
相続させる物件が空き家の場合の管理の方法や空き家にすることのデメリットを知っておくことで、空き家の対策をとることもできますので、終活に向けて準備をしておきましょう。
千葉県松戸市で相続や空き家にお悩みの方は、ぜひ最後までお読みください。

\お気軽にご相談ください!/

終活で相続させる空き家を管理する方法とは

終活で相続させる空き家を管理する方法とは

所有している不動産が空き家の状態のとき、どのように管理してくと良いのでしょうか。
ここでは空き家となってしまった不動産を管理する方法についてご紹介していきます。
空き家の管理方法を知り終活に向けて管理することで、相続する側が困らないようにしていきましょう。

通水をしておくこと

家は使用しなくなると通常よりも早く劣化してしまいます。
劣化させないためにも通水をおこなうことが大切です。
排水管は普段から水を使用しておくと、排水管のなかには水が溜まった状態となります。
しかし、空き家の場合、通水を怠ると、排水管のなかの水が蒸発してしまい、下水からの匂いが上がってきて家中に匂いが充満してしまいます。
また、水がなくなることで排水管が乾燥してしまい、錆びてしまいます。
そのため、月に1度以上は水を流しにいくようにしましょう。

換気をしておくこと

家が劣化する原因の一つに湿気が溜まることが考えられます。
日常で家を使用している場合は、ドアや窓の開け閉めや電気を使って24時間換気がおこなわれるため自然と換気されて、湿度が溜まりにくくなります。
しかし、空き家の場合は、これらの換気ができなくなってしまいます。
湿度が溜まることで、木材や壁紙などが腐り、鉄は錆びてしまいます。
柱や梁が腐ってしまったり錆びてしまうと倒壊の恐れにも繋がりますので、定期的に換気をおこなうようにしましょう。

雨漏りの確認

湿度によって老朽化するのは、換気だけではありません。
雨漏りによっても水が溜まり湿度によって老朽化に繋がります。
雨の日に空き家に行って確認するのが一番早いのですが、所有している不動産が遠方の場合は雨の日を狙って行くことは難しいでしょう。
その場合には、床や天井などにシミがないかを確認しましょう。
不自然に変色していると雨漏りをしている可能性が高いです。
その場合には、防水などの補修をおこないましょう。

管理する手段

空き家は、自分でさまざまな管理をする方法と不動産の管理会社に依頼する方法があります。
自分で管理する場合は、管理委託料が発生することなく、コストを抑えて管理することができます。
しかし、所有している空き家が遠方にある場合にはなかなか管理に行けなくなってしまいます。
このような場合には、管理会社に管理を依頼する方法が向いています。
管理費用こそかかってしまいますが、遠方から通うコストを考えると管理をお願いした方が負担を軽減できるでしょう。

この記事も読まれています|任意後見制度を利用して不動産売却をおこなう方法とは?

\お気軽にご相談ください!/

終活で相続させる空き家を放置した場合のデメリットとは

終活で相続させる空き家を放置した場合のデメリットとは

空き家を放置するデメリットとして大きいのがさまざまなリスクを背負うことです。
相続予定の物件にさまざまなリスクがついている状態では相続した後が大変です。
終活において、良い状態で相続できるようにまずは空き家を放置することのデメリットを理解しておきましょう。

価値が下落するリスク

建物は通常経年劣化をしていきますが、空き家のまま放置してしまうと劣化のスピードが早くなります。
不動産の査定方法には机上査定と訪問査定があります。
売却をする際には、必ず現地を確認する訪問査定を用います。
その場合に、空き家を放置してしまっているとさまざまな部分で劣化が進み、机上の計算よりも価値は下落してしまいます。
また、メンテナンスをおこなわないとシロアリなどの被害に気づきにくく、気づいたときには劣化が進んでしまっていることもありますので、その場合には価値は大きく下落してしまいます。

責任を問われるリスク

建物が老朽化してしまうと、台風のときに物が飛んでいったり、放火や倒壊など周辺に損害を加えてしまう可能性が高くなります。
このような場合には、普段使用していなくても所有者に責任が問われます。
責任が問われないためにもしっかりとした管理をする必要があります。

特定空き家に指定されてしまうリスク

空き家を放置し続けてしまうと、火災や倒壊、景観を壊すなど周辺に悪影響を及ぼす可能性があることから特定空き家に指定されてしまう場合があります。
通常建物が建っていると固定資産税は軽減されますが、特定空き家に指定された場合は軽減措置の適用を受けられず、固定資産税が高くなってしまいます。
このような状態で相続してしまうと負担が大きくなってしまいます。
また、全国的に空き家が増えており、空き家を活用する方針が年々検討されています。
特定空き家の場合、所有者の許可なく強制的に建物を解体されてしまうことがあります。
この場合の解体費用は、所有者負担ともなります。
解体費用は100~200万円程度かかることが多く、予期せぬ解体費用を請求されることにもなりますので、注意が必要です。

この記事も読まれています|任意後見制度を利用して不動産売却をおこなう方法とは?

\お気軽にご相談ください!/

終活で相続させる物件の空き家対策とは

終活で相続させる物件の空き家対策とは

空き家を放置することでさまざまなリスクが生じることになるため、対策をおこなうと良いでしょう

買取を検討する

空き家状態にしないためには、不動産会社に買い取りを依頼するのが良いでしょう。
買取とは、不動産会社が直接空き家を購入してリノベーションなどのバリューアップをして再販することです。
空き家を放置していると固定資産税や管理などの手間やコストもかかってしまいます。
売却金額を得ることができ、さまざまなリスク対策にもなるので、買取を検討することも空き家対策の一つとして良いでしょう。

建物を解体する

特定空き家に指定されてしまうと固定資産税が高くなってしまいます。
解体して更地にした場合も固定資産税が高くなる場合がありますが、倒壊や放火のリスクや管理をする手間などを減らすことができます。
しかし、解体することで解体費用が100~200万円ほどかかりますので、費用を考慮した上で検討してみましょう。

この記事も読まれています|任意後見制度を利用して不動産売却をおこなう方法とは?

まとめ

終活において空き家の相続や管理をどうするかお悩みの場合は、管理方法と空き家を放置するリスクや対策について理解しておくことが大切です。
空き家を放置することにはさまざまなリスクがあるため、自分で管理することが難しい場合には買取も検討してみると良いでしょう。
有限会社さくら不動産では、千葉県松戸市に特化して不動産売却をお手伝いしております。
空き家の買い取りや売却をご検討する際には、お気軽にお問合せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-349-7310

営業時間
09:00 ~ 19:00
定休日
第2・第3火曜日と毎週水曜日

売却査定

お問い合わせ